5.02.2014

写真集を買う①

スウェーデンの写真家、Sannah Kvistさんの写真集

I Wanted Someone To Enter My Life Like A Bird That Comes Into A Kitchen And Starts Breaking Things And Crashes With Doors And Windows Leaving Chaos And Destruction

を買いました。(最近でたばかり!  タイトルが長い)

商品はこんな感じ。





ソフトカバーとハードカバー(限定+ちょっと値段高め)があったけど、せっかくなのでハードカバーにしてみました。

水平線を意識させる写真が多く、どこか儚い不思議な空気感です。
こういう透き通った北欧の空気や匂いだったり、あと物語を感じる写真が好きだったりします。

Sannah Kvistさんは flickr などでも写真を公開していますが、(写真集に掲載されているものもいくつか。)
やっぱりブラウザよりも本で見るのがいいですね。全く印象違ってとても満足でした。


そんな感じで僕はよく写真集を買うので良かったものをたまに記録できたら。



3.23.2014

缶のグリーンカレー

最近、自炊をしている。

といっても、日頃から自炊をしている人からすれば怒られるレベルだが、肉を焼いてさとうのごはんの上に乗っけて食べたりしている。

そんな食生活を友人に話したところ、すすめられたのが缶のグリーンカレー。

ということで、買ってみた。


オリエントグルメというメーカーのやつ。
近所の輸入食品屋さんで、ひと缶400gで199円なり。

調理方法は簡単。鍋で暖めるだけである。

出来上がったのがこちら。


肉は入っていない。入れたければ入れろというスタンスらしい。そのかわり、肉以外の具は思っていた以上に入っていた。400gということで、ひとりぶんにはやや多い。

ネットのレビューでは辛くないと書いてあったが、辛いのが苦手な僕にとってはわりと辛かった。

味は十分にグリーンカレーらしいグリーンカレーで、200円ならいいなと思った。
ただ、問題はひとりぶんには微妙な量...300gとかで十分な気がする。


■ 映画の話

そういえば、なぜ僕が日頃見ている映画を書いているかというと、「もっと映画を見ろ」と編集の人に言われたので、その実践の証拠をログとして残しているのです。


『ホテル・ルワンダ』



画像はamazon.co.jpよりhttp://www.amazon.co.jp/dp/B000FOTK6Q

ドン・チードル (出演)
ソフィー・オコネドー (出演)
テリー・ジョージ (監督)
2004年

90年代に実際に起こったルワンダ虐殺の話。
とても感動した。不謹慎かもだが、映画としてもとても面白かった。


『バタフライ・エフェクト』



画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B000AM6R00/

アシュトン・カッチャー (出演)
エイミー・スマート (出演)
エリック・ブレス (監督)
J・マッキー・グラバー (監督)
2004年

色んな人にすすめられていたのだが、見たのははじめてだった。
面白いっていうか、アシュトン・カッチャーがイケメソすぎてそっちばかりが気になった。
ループものは近年では沢山あるので、そういった意味では新鮮味は微妙だったかもしれない。それでも十分面白かったけども。


『攻殻機動隊ARISE  2 』



画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DIOMBDO/

坂本真綾 (出演)
塾一久 (出演)
黄瀬和哉 (監督)
竹内敦志 (監督)
2013年

個人的にはborder:1よりもさらに面白かった。今後に期待。
どんな感じで終わるのだろうか...。


■ その他

先日、ボードゲームカフェ(?)なるものに行ってきた。

JELLY JELLY CAFE
http://cafeboardga.me/

最近、流行ってるらしいので、実際にどんな空気感なのかプレイしてみたかった。

結果、非常に面白かった。色んなゲームがあって、その場にいた時間内(2-3時間くらい)では全然足りないと思った。本格的に酒を飲みつつ長時間居座りたいと思った。









3.16.2014

アン・ハサウェイはエル・グレコの描く女性に似ている

■ モトクロスごっこ

先日、地本さん、てぃくん、USさん、UYさん、Sさんと川越のウエストポイントにて定期的に開催されている「モトクロスごっこ」なるイベントに参加した。

ようするに、「モトクロスを体験してみよう!」というイベントである。

参加者のなかでは、唯一、僕だけがプチ経験者だった。

僕は16歳の頃からバイクに乗っていて、大学生のときはオフロードバイクが好きだった。

過去に乗っていたオフ車は、

・XR250(1995:初期型)
・XR250(2003:シュラウド付き倒立フォークのやつ)
・XR400R(1998:エンデューロレーサー逆車)
・セロー225(1995:10周年記念1000台限定ゴールドリムのやつ)

である。

当時、東京の西のほうに住んでいた僕は、相模川の河川敷に遊びに行ったりしていた。

とはいえ、たぶん6-7年ぶりくらいのまともなオフで、思うように操作できず、コースでは轍にはまって派手にこけたりした。

その後、数日間は筋肉痛で死にそうだったが、それでも久しぶりのオフは非常に楽しかった。

現在、僕はバイクを持っていないのだが、新しく購入を考えている。

ツーリングも込みならDR-Z400SMで、わりとスポーティーに走りたいならWR250Fあたりが欲しい。あるいは遊びと割り切ってTTR-125の公道仕様もいいし、あるいは低所得者らしくすべてを一台でこなせそうなXR250RのME08が欲しい。

学生の頃、XR250RのME08用のA-LOOPポリタンクシュラウドキットを謎に持っていた(車体を持っていなかったにもかかわらず)。当時は中古でも10万くらいしたが、ただ持っているだけで、結局置き場所に困ってヤフオクで売った。その後悔から、僕は未だにME08をひきづっている節がある。

どなたか、いらないバイクがあったら教えてください。

さて、肝心のモトクロスごっこの写真。

地本さんの様子


てぃくんの様子



一緒にいったメンバーも皆がとても楽しそうで、嬉しかった。いつかみんなで一緒に林道に行けることを楽しみにしています。


■ 映画の話

最近、ふたつの映画を見た。

『ガタカ』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B000062VQP/

イーサン・ホーク (出演)
ユマ・サーマン (出演)
アンドリュー・ニコル (監督 / 脚本)

鬼虫さんと地本さんにすすめられて。

人が生まれる前に遺伝子操作がおこなわれるのが一般的であり、人々の識別にも遺伝子が絶対的に参照される、という感じの世界観。この世界の被差別階級はイケてない遺伝子を持った人であり、主人公はそんなイケてない遺伝子を持った男性。その男性がイケてない遺伝子を隠してエリートとして頑張るという話。

ぶっちゃけ、SF的な部分はわりとどうでもいいです。普通にいい話で号泣でした。


『レ・ミゼラブル』(2012)


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HCC827M/

ヒュー・ジャックマン (出演)
ラッセル・クロウ (出演)
トム・フーパー (監督)

ようやくゲオで旧作入りしました。今か今かと待っていました。

いやー、よかったです。心が洗われました。

ただ、むかし見た1998年のほうが衝撃が大きかった気がする。
もしまだ見てなかったらそちらも是非に。

『レ・ミゼラブル』(1998)


リーアム・ニーソン (出演)
ジェフリー・ラッシュ (出演)
ビレ・アウグスト (監督)

2012年のはアン・ハサウェイが出演しているのだが、この絶世の美女、何かに似ていると前々から思っていた。

で、最近、ようやくソレがわかった気がする。

エル・グレコが描く女性である。


画像はwga.huより
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/g/greco_el/index.html


『レ・ミゼラブル』(2012)より

あれ、そうでもないか。

画像では伝わりにくかもしれないので、気になるかたは是非「エル・グレコ」で画像検索してみてください。


■ パズドラの話

ゴッドフェスだったので、2回引いてみた。

結果はこちら。



麒麟をひくことができました。ゴッフェスじゃなくてカーニバル対象だが、いずれにせよとても満足。

3.04.2014

パズドライラスト集、映画

● パズドラの話

ようやくゲットしました。パズドラのイラスト集。

『パズル&ドラゴンズ イラストレーションズ』



画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/4047295094/

amazonが品切れだったので、池袋のリブロで購入しました。ラスイチでした。

個人的におどろきだったのが、安達先生のメイメイのイラストに対するコメントで、

「お酒は二十歳になってから」

と記載されていたこと。
2ちゃんなどで「酔っぱらい」とか言われていたけど、ほんとにお酒飲んでる設定だったのか...。

イラスト集だと、そのメイメイちゃんもこんなに鮮やかに。


クソかわいいな。持ってないけど。
パズドラファンには必読だと思います。


● 映画の話

『吸血鬼ハンターD』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005HTEK/

塩沢兼人 (出演)
富沢美智江 (出演)
芦田豊雄 (監督)
2001年

鬼虫さんにすすめられて見た。
食事中に見たからちょっと気持ち悪かった...。


『ザ・ロック』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B0009Q0K0U/

ショーン・コネリー (出演),
ニコラス・ケイジ (出演)
マイケル・ベイ (監督)
1996年

こちらも鬼虫さんにすすめられて。これはおもしろかった!
まずショーン・コネリーがかっこいいし、孤島に篭城した元海兵エリート集団を倒すという設定が熱い。


『パブリック・エネミーズ』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B004773B2G/

ジョニー・デップ (出演)
クリスチャン・ベイル (出演)
マイケル・マン (監督)
2009年

こちらは、借りたい映画が無かったのでなんとなく。
うーん。あんまりひびかなかった。


『カッコーの巣の上で』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B001525JAI/

ジャック・ニコルソン (出演)
ルイーズ・フレッチャー (出演)
ミロス・フォアマン (監督)
1975年

「見たことあったっけ?」と思って借りて見たものの、やっぱり見たことあった...。


『TIME/タイム』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B007WPF11E/

ジャスティン・ティンバーレイク (出演)
アマンダ・セイフライド (出演)
アンドリュー・ニコル (監督)
2011年

大楠さんにすすめられて。
「金=寿命」という設定で、コーヒー買うのに1時間ぶんの寿命とか。
設定は面白かったのだが、話の運びがなんだかご都合主義ぽい感じがした。


『アメリカンヒストリーX』


画像はamazon.co.jpより
http://www.amazon.co.jp/dp/B005O2TGBS/

エドワード・ノートン (出演)
エドワード・ファーロング (出演)
トニー・ケイ (監督)
1998年

これも「見たことあったっけ?」と思って借りて見たものの(ry。
これもおもしろいなー。
しかし、アメリカだと刑務所=カマ掘られるっていう認識でおkなのか。




2.22.2014

ダンゲロス、MIRROR、ダンプティー

一ヶ月近く放置してしまった。

まあいいか。

● 近況

カレンダーを振り返ると、この一ヶ月、だいたいは引きこもって仕事をしていた。

あとは、少し遅めの新年会に参加したり、舞台にお邪魔させてもらったり、酒とか酒とか。

特筆すべきは、戦闘破壊学園ダンゲロス5巻発売祝いパーティーにて、横田卓馬先生にサインをいただいたこと。


邪賢王ヒロシマちゃんである。Mac Book Pro に描いていただきました。大変嬉しい。
画像ではわかりにくいが、上からクリアステッカーを貼っていて、こすれても消えないように頑張った。

もう一点、特筆すべきは、長くお付き合いさせていただいている大楠孝太朗さんが、このたび目出たく会社を立ち上げられたこと。

デザインスタジオ「MIRROR」
http://mirror-site.org/

ABOUTのページに、なにげに僕の名前を掲載いただいている。
ASSOCIATE MEMBERとして、今後とも楽しくご一緒にお仕事ができれば幸いです。


● 映画の話

なんかいくつか見た気がするが、直近で見たもの。

『ユージュアル・サスペクツ』


(画像はamazon.co.jpより)
スティーブン・ボールドウィン (出演),
ガブリエル・バーン (出演)
ブライアン・シンガー (監督)
1995年

上述のMIRRORファウンダーであるマルコさんにオススメいただき、ご本人からお借りして見た。
おもしろかったし、かっこよかった。


● パズドラの話

先日、ようやくランクが100を突破しました。


現在、ECOコラボの真っ最中で、女の子ハンターとしては待ち望んだコラボと言える。
しかし、かれこれ超級と上級を合わせて30周はしていると思うのだが、未だダンプティーちゃんに会えない...。

以下がそのダンプティーちゃんなのだが、僕のなかではさいかわ候補である。是非とも手に入れたい。


(画像はmatome.naver.jpより)
しかしあらためて見ても激カワやな。愛でたい。prprprprprprpr

あと、先日の2周年記念のニコ生、前半も後半もリアルタイムで視聴した。
いやー後半は感動した。むらいさんのファンになりました。

あと、リリスたんの究極進化が最高すぎた。2体確保している俺勝ち組。

1.28.2014

イノシシ肉、映画、じょしらく

前回から十日が経ってしまった。
このブログのことを忘れまいと、日記を書く。


● 近況の話

カレンダーを見つつ振り返ると、この十日間では三鷹や霞が関のあたりに打ち合わせに出たり、新年会と称してイノシシの肉を食べたりしていた。

イノシシ肉の画像を撮影しておけばよかった。
もう長い付き合いになるてぃくんが我が家に持って来てくれたのだが、非常においしかった。ここ最近食ったもので一番美味いものは何かと問われたら迷いなくイノシシさんと答えるだろう。

先週はわりと久しぶりに「まじ納期やべー」「今日寝れんわー」「レッドブル三本目だわー」という状況に陥った。月に一回くらいならそういう事態もエキサイティングでいいなと振り返って思う。


● 映画の話

三作品の映画を見た。どれも有名な作品。

『メメント』


(画像はamazon.co.jpより)
ガイ・ピアース (出演)
キャリー=アン・モス (出演)
クリストファー・ノーラン (監督)
2000年

これは過去にも見たことがあった。結果からさかのぼっていくという構成が面白くて、最後まで飽きなかった。


『インセプション』


(画像はamazon.co.jpより)
レオナルド・ディカプリオ (出演)
渡辺謙 (出演)
クリストファー・ノーラン (監督)
2010年

おなじくクリストファー・ノーランさん。そうすけくんが面白いと言っていたので初見。いやーこれは面白かった。終わり方もかなり良く、エンドロールが始まるとひとりで拍手しました。


『ゴッドファーザー』


(画像はamazon.co.jpより)
マーロン・ブランド (出演),
アル・パチーノ (出演),
フランシス・フォード・コッポラ (監督) 
1972年

言わずもがな。少し前に、『仁義なき戦い』シリーズを見ていたこともあり、対比としておもしろかった。いいなあ。かっこいいなあ。


● パズドラの話

先日、何気なく友情ガチャを引いたら、ようやく念願のサキュバスたんを手に入れることができた。極夜の塔を何週したか知れない...。まさか友情ガチャであっさり手に入るとは思わず、嬉しい反面、僕の努力を返してくれと思った。



● その他雑記

最近、今更ながらアニメ『じょしらく』を全話見たのだが、かなり面白かった。最終話まで見て、そのまま間髪入れずに一話から全話見直した作品ははじめてかもしれない。八田のなかではゆるふわ系アニメ(?)では視聴歴代ベスト3に入るだろう。


(画像はmatome.naver.jpより)






1.19.2014

雑記。誕生日。

先日、誕生日を迎え、27歳になった。

僕は双子なのだが、その片割れから電話がかかってきて、

誕生日おめでとう。あ、俺もか

という毎年恒例のをした。


● 近況の話

ここ数日は打ち合わせもなく家で仕事をしているが、来週まではさほど忙しくない。そこで、誕生日を迎えるということもあり、自分自身のホームページをつくることにした。そもそも、快速東京のメンバーであり、デザイナーでもある一ノ瀬雄太さんがデザインを制作してくれたのが11月時点。あとは僕が実装するだけという状態で放置していたのだ。

現在、実装途中で、おそらく来週くらいには公開できるかなと思っている。


● 映画の話

「詐欺師」をあつかう映画を二本見た。
見た映画は以下。

『スティング 』

(画像はamazon.co.jpより)
ジョージ・ロイ・ヒル (監督)
ポール・ニューマン (出演)
ロバート・レッドフォード (出演)
1973年

『マッチスティック・メン』

(画像はamazon.co.jpより)
リドリー・スコット (監督)
ニコラス・ケイジ (出演)
サム・ロックウェル (出演)
2003年

いずれも最後のどんでん返しに爽快感があった。どちらがオススメかと言われたら、『スティング』かしら。役者も作中の雰囲気もとてもかっこいい。


● ゲームの話

最近は『パズドラ』、『黒猫のウィズ』、『モンスト』をそれぞれプレイしているのだが、誕生日ということもあり、それぞれで一回ずつガチャを引いた。

パズドラの場合



くどいようだが、八田は「女の子しばりプレイ」をしているので、この後、この野郎はアスタロトに食わせた。残念。

黒猫の場合



うん。微妙。

モンストの場合



まだはじめたばかりだし、レアガチャ自体あまりまわしていないので、スタメン入りはするかな。


● その他雑記

最近読んで役に立った記事。

IllustratorでPDFをアウトライン化 | chinokenblog ver.3 (仮)
http://chinoken.net/blog/archives/2007/06/20070607_2349.html

Webサイトのコーディングをするときなど、「デザインデータをもらったけど、フォントが無いから実装作業に入れない」という場面がよくある。その際、上記の記事にある行程を踏めば、フォントを問答無用でアウトライン化することができ、なおかつIllustratorで編集することができる。便利。


最近読んで印象に残った記事。

「PCの死」と「平等なウェブ世界の終焉」 | WIRED.jp
http://wired.jp/2014/01/16/death-pc-also-mean-end-web/

ちょっと前から飲み会の席でよくこのような話題になる。Webが本当に閉じていくかどうかは置いといて、PCが売れなくて価格が上がったりしたら困るし、ホームページをつくりたい人が減ればエンジニアとしては死活問題である。